「RAVPower RP-PC060」レビュー USB-AとUSB-Cが付いた超小型のPD3.0対応の急速充電器

みなさんのスマホやパソコンの充電端子はUSB type-Cに対応していますか?

僕はしていません。

「いやしてないんかーい!」と心の中で自分にツッコんでしまいそうですが、多くのガジェットがUSB-Cに移行してきてその流れは止まりそうにありません。

なぜUSB-Cが良いのかというと

  • 転送速度がUSB3.0の2倍
  • ポートに上下が存在しないので、刺す時の手間が減る
  • 電源供給から映像出力まで対応可能
  • デバイス側・充電器側といった区別なく使用可能

というメリットにくわえ、

“Power Delivery 3.0″という技術で通常の2.5倍の速度で急速充電が可能となります。

しかし一方で、「現状では対応する機種が少ない」というデメリットもあるのが現実なのですが、

そのメリット・デメリットをカバーしてくれるのが今回紹介する「RP-PC060」。

商品外観

サイズは66mm 51mm 29 mm

重量は約 110 g(充電器本体)

付属品はありませんでした。

商品特徴・スペック

type-Cの充電ポートが必要なのはもちろんですが、前述したようにまだtype-Cのみでは不便な時があるのですが、この商品には通常のUSBポートも2口付いています。

今までの商品はtype-Aポートのみが多かったのですが、type-Aポート2口+type-Cポート1口の計3口。

最新の急速充電規格”Power Delivery 3.0″に対応

USB-Cのポートは急速充電規格”Power Delivery 3.0″に対応しているので、最大18Wの出力で充電が可能となっています。

スマホの充電時間

iPhone XR:約1時間44分(9V)
iPhone XS:約2時間3分(9V)
iPhone X:約2時間12分(9V)
iPad Pro 2018:約2時間45分(9V)

最大33Wで充電可能ですので、スマートフォンやタブレットを複数持っていても同時に充電することができます。

RAVPower RP-PC060レビュー まとめ

RAVPower RP-PC060はUSB-Cの端末が多めの人にオススメの充電器です。

「多めの人」というのは、今使っているデバイスがUSB-Cに対応していて、ケーブルもUSB-Cのものを持っているという人であれば通常のtype-AのUSBポートは必要ないのですが、今(2019年)はそのポートのタイプが切り替わっている最中なので全てをtype-Cに切り替えるのも難しいんですよね。

実際僕もまだスマホもパソコンもUSB-Cに対応していませんし(汗)

とは言うものの今後しばらくはこのようなUSBのtype-Aとtype-Cが共存するモデルが主流になり、最終的にtype-Cのみのモデルばかりになって行くのは容易に想像できます。

 

これから充電器を買い換えるという人は、今後端子が移行していくことを考えこのようなtype-Aとtype-Cが付いているモデルを買った方が良いでしょう。

また、モバイルバッテリーやポケットwi-fiはマイクロUSBケーブルで充電したいけど、スマホはtype-Cという人にもオススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter(@syuty)・Facebookから友達申請よろ!