ワードプレスで文章を投稿する方法

いよいよ記事の投稿です。ここでは投稿画面の使用方法解説します。

実際のタロログの下の記事の投稿画面を参考に見ていきましょう。

アンケートが簡単に作成できるWP-Pollsの使用方法

2016.09.18

ビジュアルとテキストの2種類のエディタ

ワードプレスの投稿画面にはビジュアルエディタとテキストエディタの2種類があります。ビジュアルエディタは実際のサイト表示に近い画面で編集する形式で、テキストエディタはHTMLタグを自分で打ち込む形式になります。

どちらで編集してもページのデータに変わりは無いので、使いやすい方を使えば良いです。ただウェブサイト制作の専門知識が無いのであれば、ビジュアルエディタをお勧めします。

下の投稿画面の赤枠で囲った部分が、エディタの切り替えスイッチです。

ワードプレス投稿画面

次の画面がテキストエディタです。

ワードプレスのテキストエディタ

ビジュアルエディタを利用する上での注意点

あくまで近い状態を再現しているだけなので、ビジュアルエディタでの編集画面そのままにサイト表示がされるわけではありません。

例えば見出しタグですが、

ワードプレス投稿画面

WP-Pollsの導入方法という見出しが実際のサイトでは、

実際の表示

オレンジ色のマーカーが追加されて文字色が白に変更されています。また、改行の位置も変わりました。

ビジュアルエディタで編集する場合でもプレビューで実際の表示をチェックしながら編集するように心がけましょう。

編集画面を使いやすくする

ワードプレスを導入してすぐの状態で投稿画面を開くと下の画面のように、文字の装飾などのメニューが必要最低限しかありません(赤枠で囲った部分)。上のタロログの編集画面と比べると一目瞭然ですね。

ワードプレス投稿画面の初期状態

この部分のボタンを増やすのが、「TinyMCE Advanced」というプラグインです。

詳しくは以下の記事からごらんください。

投稿の効率を上げるTinyMCE Advancedの使用方法

2015.10.08

まとめ

いかがでしたか?ビジュアルエディタならば、ウェブ制作の知識がなくても誰でも簡単に文章の投稿ができるということがお分かりいただけたことでしょう。

テキストだけでもウェブサイトとして公開できますが、内容によってはイラストやグラフ、もしくは動画があるとより読みやすくなることもあります。ということで、次は画像や動画を挿入する方法を解説した記事です。

ワードプレスで画像や動画を挿入する方法

2015.11.08

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ